top of page

RIM-zara 
リム皿

端材を形に。会話から生まれたリム皿

リム皿のはじまりは、同じ北杜市のお好み焼き屋「sun.days.food」の店主・大給さんから「リムのついた薄いお皿が欲しい」のひとことから。
デザインするにあたり、単なるリム皿ではないものを・・・と、プロダクトを作るときに出る端材を用いて、樹種も厚みも大きさも異なるアラカルト的なお皿が生まれました。

端材を用いるにあたり、柾目(まさめ)といわれる反りにくい木の繊維方向に材を割いて接ぐ(はぐ)ことにより、薄いけれども反りにくいお皿になりました。

rm04.jpg

撮影協力:sun.days.food

(左からチェリー、オーク、メープル)

私たちも日常的に使ってみるなかで、使いやすい大きさ(18cm)で、厚みも統一し、
アラカルト的な樹種の中から、色々なバランスの良い4種類をセレクトして、オンラインでご購入できるようにしました。

rm01.jpg

1枚につき5〜6枚の材を接いでいます(メープル)

ツンデレな表と裏

エッジの効いたシャープな線が印象的な表側に対して、ぼってりとした丸みのある裏側、と表と裏がツンとデレなフォルムが特徴です。

rz_13.jpg
rz_14.jpg

表と裏(チェリー)

載せるものを引き立てる間(ま)

リム(縁)のついたお皿は、料理の周りに余白が生まれ、載せたものを引き立てくれる間(ま)があります。お皿の上の空間をどう活かすか、盛り付けが楽しくなるお皿です。

また、リムがあることで手を汚すことなく持ちやすい、という実用性も兼ね備えています。

rz_27.jpg

トリバシ」(3種)と共に(上:オーク、下:ウォールナット)

rz_28.jpg

オカモチの「トレイ蓋(正方形・オフホワイト)」と共に(ウォールナット)

◎sun.days.food(サンデイズフード)── 食だけでなく音楽にも精通する神戸出身の店主が焼く、お好み焼きをはじめとする鉄板料理とパンとスウィーツのお店。北杜市高根町五町田の元資材置き場をリノベーションした心地良い店内には県内外のお客さんで日々賑わっている。/sun.days.foodのインスタグラム

▪️長くお使いいただくために

  • ご使用後はすぐに洗って水を切るか、拭き取ってから乾燥させてください。

  • 長時間の強い直射日光、浸水は、割れや変形などの原因となりますのでお避けください。

  • 濡れた鉄製品(鉄器、鋳物など)に触れると、木が含有しているタンニン酸と反応し黒いシミになるので、触れないようご注意ください。

  • 電子レンジ、食器洗浄機、冷蔵庫での使用はお控えください。

  • 1〜2年経て表面がかさついてきた時には、植物性自然オイルなどをすり込みよく拭き塗り後、一晩乾燥させていただくと、味わい深い経年変化を楽しめ長年お使いいただけます。

  • もし破損することなどがありましたら、程度によっては修理をお受けしています(送料ご負担、要修理実費)。ご相談ください。

▪️その他注意点

  • 材は無垢のものになるため、木目、色味はそれぞれ異なり節などの現れ方にも個体差がありますこ とをご了承ください。

  • 掲載している商品画像の色味は、ご利用環境の特性や設定によって色合いや素材感が異なって表現 される場合があります。予めご了承の上、ご注文をお願いいたします。

RIM-zara  リム皿

サイズ:約直径180×高さ16mm

材料:オーク、メープル、チェリーもしくはウォールナットのいずれか

仕上げ:食品衛生法適合の植物系ウレタンオイル

パッケージ箱:なし

Related Items