Copyright© Atelier Yocto All Rights Reserved.

 

757-1Yokote Hakusyu-cho Hokuto-shi

Yamanashi, JAPAN 408-0313

mail@a-yocto.jp 

アトリエヨクト

Atelier Yocto   

アトリエヨクト

HOME | ABOUT

わたしたちについて

日々の暮らしをより豊かにしてくれる道具は、シンプルで使い勝手良く、使うほどに美しく生活に馴染んでいくものが理想です。さらに使い手に何か働きかける魅力を持っていれば、楽しみながら永く使うことができます。

 

“ヨクト(yocto)”とは国際単位系においては最小の単位で、10−24 倍(=0.000 000 000 000 000 000 000 001 倍)の量を示し、語源としてギリシャ語の「8(オクタ octa)」に由来します。また漢数字表記では“涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)”で表され、これは仏教用語で、煩悩の炎の吹き消された悟りの世界(涅槃)は、静やかな安らぎの境地(寂静)であるということを意味します。

 

より小さな部分はより大きな全体と相似形をなすというフラクタルの概念にあるように、アトリエヨクトでは最小の単位である意識、つまり“原因の世界”をデザインすることを目指します。それは、一方的なただの結果である形としてのデザインを提供するのではなく、使い手が自由に参加、アレンジできる可能性(余白、空白)をデザインする行為です。 その空白において、個々のユーザーがそれぞれ自由に使いこなしていただくことで物との間に独自の関係性(結び付き)ができれば、手放せないうれしい道具となっていくでしょう。 そこで初めてヨクトのデザインが成立し、またそのフィードバックを通しての(ユーザーと私たちの)コミュニケーションによってさらにデザインが深化、変容していくことを期待し、楽しみたいと思っています。 

 

1/1

古川 潤 Jun Furukawa

島根県出雲市出身

 

武蔵野美術大学建築学科卒業後、伝統工法建築を主とする工務店にて大工勤務。

独立後は独学で墨田区業平でオーダー家具製作を始める。

スウェーデンHDK大学STENEBY家具デザインコース留学ののち、2013年山梨県北杜市へ移住し白州にアトリエを構える。

佐藤 柚香 Yuka Sato

東京都調布市出身

 

武蔵野美術大学建築学科卒業後、古民家再生を主とする設計事務所勤務。

独立後は住宅や店舗などの設計業をするかたわら、墨田区向島で週末古材・古道具屋「una mano」を営む。

スウェーデンHDK大学STENEBYテキスタイル フリースタンディングコースを経て、2015年アトリエヨクトに本格参加。

package-top.jpg
yocto-logo-webstore.jpg

アトリエヨクトの製品がご購入できるオンラインストア