オープンアトリエ2018

今年もやってきました、オープンアトリエの季節。 ヨクトにとって4回目となる今回、今週末の連休16日(日)と17日(月・祝)の2日間参加します(イベントは9/15〜17やっています)。 台風の影響で7月のハウス展では1日限定のみになってしまった、スパイスラック&ボトルの蓋ワークショップと、それにちなみ、ヨクトから車で約15分の多国籍料理屋マウンテン*マウンテンのオリジナルスパイスの販売と共に、そのスパイスも楽しめるステラポラリス・ナッキーごはんも食べられます。 スパイスラックは、きちんと作り込んだパーツをキットとしてご用意するので、製作する工程を楽しんだ後は商品と変わりないクォリティーでご使用いただけます。 今回は、アトリエ特別価格で受けられますので、ご興味ある方この機会是非オススメです。 また、木のお皿のアウトレット販売もあります。 *** 「スパイスラックをつくろう」ワークショップ 9月16日(日)・17日(月・祝) 午前の部 10:30-12:00 午後の部 13:30-15:00 定員各4名(ご予約優先) 予約先:mail@a-yocto.jp 所用時間 1時間30分 ¥4,500 *スパイスラックの部材キットを組み立て、磨いてオイルを塗って仕上げます。 「スパイスボトルの木の蓋をつくろう」ワークショップ 9月16日(日)・17日(月・祝) 上記の時間外(※場合によっては時間中でもお受けいたします) 予約不要 所用時間 15分〜 ¥600(ボトルとセットの価格です) *蓋の形になった8種類の材木から好きな木を選び、ボール盤で穴を開け、内側にコルクを貼って、磨いてオイルを塗

DIC川村記念美術館ギフトショップ

もう早くも1週間前のことになりますが、クウネルオドル無事終了いたしました。 台風20号到来(都内は深夜の暴風雨のみでしたが)の初日から始まった1週間、8月末の残暑とは思えないほどの酷暑の日々もありながらでしたが、展示会に足をお運びくださった皆さま、ワークショップに参加くださった皆さま、どうもありがとうございました。 そして、その最終日搬出の次の日は、千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館へ。 まだまだ猛暑日の暑い中、けれどもDIC株式会社の研究棟も併設する広大な敷地へ入るとそこは、ヒノキなどの針葉樹の森とも言えるような樹々が立ち並び、どこかひんやりとした空気感が。 今回は、美術館のバス停&チケット売り場に隣接するギフトショップでの9-11月の企画コーナー「大人のピクニック」で、オカモチ、ウッドスピーカー、カッティングボードを販売してくださることになり、その納品にお伺いするのが目的でした。 暑さも盛りの昼下がりの午後ということで庭園散策は叶いませんでしたが、観させていただいたコレクション展は、ピカソ、モネ、ジャガールから、ポロック、ウォーホールなどの近・現代絵画をメインにしたコレクション作品のために設計され、周辺の自然もうまく取り込んだそれぞれの空間、どこか有機性を感じさせる建物の佇まい、それとは対象的な現代的なサイン群、とゆっくりじっくり過ごしたくなるような見応えのあるものでした。 Photo by 川村記念美術館ギフトショップ 1日からはじまったギフトショップでの販売は11月末まで。 オカモチは正方形、ミックス、浅箱それぞれのキリとアルダー、6色のトレイ蓋、3色のヒラ蓋、ウッドス

アトリエヨクト

Atelier Yocto   

アトリエヨクト

 

757-1Yokote Hakusyu-cho Hokuto-shi

Yamanashi, JAPAN 408-0313

mail@a-yocto.jp 

Copyright© Atelier Yocto All Rights Reserved.