ヨクトのハコ展 Vol.01

今日からアトリエヨクト初となる展示販売会「ヨクトのハコ展Vol.01」が、代々木上原のhako galleryハコギャラリーで始まりました。 今回のファニチャーフェアで初展示したHOOK-boxはじめ、底板がリノリウム貼りになり、ハンドルもアルミに加えて白色塗装仕上げも選べるようになった新モデルのオカモチも、色とりどりのトレイ蓋と共に並んでいます。 ようやくのブログでの告知となってしまいましたが、期間は27日まで、よろしかったら足をお運びくださると嬉しいです。 ***** ヨクトのハコ展 Vol.01 2017年03月24日(金)〜27日(月) 11:00〜19:00(最終日〜18:00) hako gallery ハコギャラリー 渋谷区西原3-1-4 小田急線代々木上原駅東口徒歩2分 *****

ファニチャーフェア終わる

展示初日朝のヨクトブース 帰国して早半月、ストックホルムファニチャーフェア、無事終わりました。 5日間という長丁場、後半には同伴していた息子が風邪を引いてダウンするなど、大変なこともありつつ、ストックホルム在住の友人にお世話になりながら、なんとか乗り切れた出張でした。 北欧デザインの今が一堂に会し、各社の新作も発表されるファニチャーフェア、年々海外からの注目が高まり、今年は過去一番の最多海外来場者数だったそうで、これまで学生時、卒業後と3回出展した中でも、盛り上がりやインターナショナル性を最も感じられた年だったように思います。 新人デザイナーの登竜門とも言われているグリーンハウス、今年は18ヶ国から31のデザイン学校や大学と31の若手デザイナーやグループが参加し、去年に引き続き、会場のトータルデザインは2006年にグリーンハウスでデビューを果たして今では第一線で活躍しているデザインスタジオForm Us With Loveが。 去年に引き続き2年目という経験を踏まえ、グリーンハウスをさらに進化させようと、すでに実践で活躍している5人のデザイナーと投票により両想いになった出展者が、1年間その指導を受けられるメンターシップという初めての試みもありました。 グリーンハウス会場の中央は、スウェーデンの旬の若手デザイナーの作品が集まる「Ung Svensk Form」 。バーも併設されてちょっとしたくつろぎコーナーにも。 左:グリーンハウスの会場風景 右:バースペース ヨクトのお隣は照明やスチールの使い方がうまいオーストリアのカップルBonpartと、2年前ハビタレ出展時に出会った日本留

アトリエヨクト

Atelier Yocto   

アトリエヨクト

 

757-1Yokote Hakusyu-cho Hokuto-shi

Yamanashi, JAPAN 408-0313

mail@a-yocto.jp 

Copyright© Atelier Yocto All Rights Reserved.